AMINOアミノ酸のこと

細胞を作るアミノ酸

人の細胞もですが、植物の細胞を構成しているのはタンパク質で、そのタンパク質を作ってくれるのがアミノ酸です。

肥料の三要素と呼ばれるチッ素(N),リン酸(P),カリ(K)の3種類の中でも、「窒素」は植物の生育に影響する要素として重視されますが、窒素の要素が大きくするのではなく、窒素が植物体内でアミノ酸となりタンパク質を合成し細胞を組織し葉となり身となり生長します。

肥料要素の「窒素」の数値を重要視しがちですが、私たちは植物の細胞を作り出す「アミノ酸」に着目してみました。

有機で育てるアミノ酸

アミノ酸と優良微生物

有機質のアミノ酸は、根から直接吸収されタンパク質になるため、光合成のエネルギーとは別で植物を生長させる事ができます。

アミノ酸がタンパク質となり細胞を作り成長させるためには、窒素が必要になり、窒素には有機質のアミノ酸態窒素と、無機質の硝酸態窒素があります。

無機質の硝酸態窒素の場合は、光合成のエネルギーを利用してアミノ酸を作り出してます。肥料を撒いてから植物が生長するまでの過程をみると、植物体内では光合成で作られた糖類を分解したエネルギーを利用して、亜硝酸→アンモニア→アミドへ と変化し、グルタミンなどの各種アミノ酸が作られています。

化成肥料も有機肥料(堆肥など)も微生物の働きによって有機物が土の中で、無機質の硝酸態窒素に変化して養分として吸収されていますので、ほとんどの場合植物を生長させるためには光合成のエネルギーを利用してアミノ酸が作り出されます。 アミノ酸は根から直接吸収されタンパク質になり細胞になるのが特徴的なので、有機質のアミノ酸を用いることで無機質の「硝酸態窒素」を減らしても育てる事ができます。


\ アミノ酸肥料で期待できること /

光合成が進まないときに効果発揮日照不足などの天候不順時や
光合成が進まないときにお勧め
余った光合成のエネルギー養分余った光合成のエネルギー養分
でより丈夫な植物に!!
硝酸態窒素を減らして育てる硝酸態窒素を減らしても
植物を大きく成長