CASE#さくらんぼ栽培

いろ艶やかで日持ちするさくらんぼ

山形を代表するさくらんぼ。本当に美味しいですよね。

こちらは、当社が管理する畑のさくらんぼです。栽培で使用している資材はアミノ酸肥料とグリーンパワーの散布のみです。

美味しいだけではなく、いろ艶やかで日持ちのするさくらんぼを作るということを目標にしております。

いつも、収穫するサイズはほとんどがLサイズ以上です。こちらの写真は2Lのサイズですね。さくらんぼは粒を並べてしまうとなかかなサイズを表現するのは難しいので出荷基準のサイズ表と一緒に撮ってみました。

   

糖度もあり、出荷後に日持ちもする絶品のさくらんぼです。

秘密は、収穫前のグリーンパワーの散布です。収穫1ヶ月前にグリーンパワーを10日に1回散布。散布後は葉っぱの色が変わります。同じ木から採取した葉っぱの硝酸態窒素は4100ppm→1400ppmに減り、葉っぱの形や色にも変化が見られました。

硝酸態窒素の多いい葉っぱは、色が濃く葉っぱが大きく開いているのが特徴です。数値でもはっきりと減っていることがわかりますが、色が薄く葉っぱが閉じるように変化し硝酸態窒素が減っているのがわかります。

  硝酸隊窒素が減る  

出荷前の葉面散布だけで、余分な硝酸態窒素を消化してくれることによって締まったプリッとしたさくらんぼを出荷することができるようになりました。
また、出荷前のグリーンパワー散布は色付け効果もあります。