リン酸を効率よく吸収させる

植物の三大要素の一つとされるものにリン酸があります。

一般的には「根肥」「実肥」といわれ、花や実の肥料として知られています。

しかし、このリン酸は土壌中のアルミニウム、鉄などと結合されてしまう為、植物に効率良く吸収させるのが難しいのです。

そこでリン酸を効率良く吸収させる方法を。

肥料を播く場合は根の先端部に。

肥料は根の先端から吸収されるので、根の先端部、根が伸びていくと予想される場所に播くようにしましょう。

土壌ph値を6.0~6.5に保つことで、アルミニウムや鉄と結合しにくくする事ができます。

また、微生物を利用することで、土壌中で結合したリン酸を使用する事もできます。

ク溶性リン酸などの、土壌中で結合されにくいリン酸を使用するのも良いでしょう。

リン酸肥料の値段は高騰していく一方。

リン酸を効率よく与える事で肥料代のコスト削減にもつながる事でしょう。