無農薬でのうどん粉病対策

無農薬栽培で悩ませられる病害虫の一つとしてうどんこ病があります。

うどんこ病は窒素肥料のやりすぎや、乾燥過湿などが原因としてあげられます。

株間を広くとり風通しをよくして適度に水をやることで防げるのですが、あまりにひどい状態ならば葉をとってしまいましょう。

無農薬での対策の一つとして、納豆菌を使う方法があります。

納豆少しと砂糖少しを40度くらいのお湯にいれてよく混ぜ合わせたものを薄めにして散布するだけです。

納豆菌はとても強い菌でさまざまな病原菌対策に利用する事ができます。